おかあさん「うんせ、うんせ、やっとここまでたどりついただす。今日はわが娘のまいこに会いに来たんだす。まいこや、まいこぉ。」

f:id:hanayacco:20160108162646j:plain

まいこ「…おっかさん!ひさしぶりだす、会いたかっただすよぉ。」

おかあさん「まあ~、まいこぉ!きれいになってぇ!体こわしてねえかぁ?おかあさん、おみやを持ってきたんだ。ほれ!」

f:id:hanayacco:20160108163325j:plain

 

まいこ「わあぁ~!これはプレミアムどりーむきのこ!おらの育てているどりーむきのこの数倍の覚醒作用のあるきのこだす!これを育てるには熟練のテクニックが必要とされるという…さすが、おっかさん!おら、さっそくひろ雪さんに食べさせてみるだすよ。」

f:id:hanayacco:20160108163826j:plain

 

おかあさん「まいこやぁ、これからもきのこ栽培に精をだして、人びとを夢の世界にひきずり…いやいや、人びとに夢をみせてやんなせい。」

まいこ「おっかさん…!おら、精一杯やるだすよぉぉ。」

 

                             めでたしめでたし。

 

おかあさんプロフィール

f:id:hanayacco:20160108165912j:plain

まいこの母・としこ52歳・自称かたつむり・きのこ栽培家

 

花やっこ「おかあさん…。べっきーのこと考えてたらこんなのできちゃった。そしてこのきのこ…。きっとこの物語はきのこみたいなかみがたの男には気をつけようっていうメタファーだね。おー、こわいこわい。もう一生部屋のなかで手芸してすごそうーっと!」

 

 

 

 

f:id:forest-mountain-tw200:20170717161147j:plain

こんばんは、モーリーです。

先月、ヒルトン東京お台場に行ってきました。

妻の誕生日ということもあり、どこかでゆっくりと過ごそうということで、こちらのホテルにおじゃましました。

基本的にはエグゼクティブラウンジでまったりと過ごしていたので、たいした記事になっていないかもしれません。

(そして写真がたくさんあるので重いかもしれません(^^;))

ご興味のある方はどうぞお読みくださいませ。

ヒルトン東京お台場について

ヒルトン東京お台場は、その名のとおり「ヒルトン」系列のホテルです。新交通ゆりかもめの「台場」駅からすぐのところにあります。数年前までは「ホテル日航東京」だったのですが、いつの間にかヒルトン東京お台場になってました。

ヒルトン系列のホテルは、東京近郊には、ヒルトン東京お台場のほか、新宿にヒルトン東京が、汐留にコンラッド東京が、小田原にヒルトン小田原リゾート&スパがあります。

今回、なぜこのホテルを選んだのかというと、理由が2つあります。これまで何度かお邪魔していて、エグゼクティブラウンジでまったり過ごすのが好きだったからというのが1つ目の理由、5月中旬くらいに、ヒルトンオナーズ会員限定で、50%オフキャンペーンをやっていたからというのが2つ目の理由です。

50%オフのおかげで、エグゼクティブルームでしたが、かなり安く宿泊できました。(休前日、税・サービス料込みで22000円くらい)

 

部屋の様子

今回泊まったのは1219号室。キングエグゼクティブルームです。内装とかは以下の写真をご覧ください。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717161712j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170717161754j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162906j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162929j:plain

 

ウェルカムフード?がおいてありました。フィナンシェとアメリカンチェリーです。こういうちょっとした気配り、うれしいですよね。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162756j:plain

 

バスルームの様子はこちらから。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717161833j:plain

 

浴槽わきに窓があり・・・

f:id:forest-mountain-tw200:20170717161917j:plain

 

あけると部屋を通して外の景色まで見えます。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162016j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162045j:plain

シャンプー等もいろいろそろってました(正直こういうのには疎いので、良し悪しの判断ができません・・・(^^;)

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162123j:plain

 

シャワールームもあります。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162156j:plain

そしてトイレ。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162223j:plain

 

コーヒーはネスプレッソがおいてあります。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162511j:plain

冷蔵庫にはドリンクが(こちらはもちろん有料です)

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162541j:plain

クローゼットにはスリッパやパジャマなどが

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162606j:plain

洗面台の下にはガウンがおいてありました。

f:id:forest-mountain-tw200:20170717162637j:plain

 

部屋からの景色(到着日の午後)

f:id:forest-mountain-tw200:20170718234548j:plain

部屋からの景色(到着日の夜)

f:id:forest-mountain-tw200:20170718234626j:plain

部屋からの景色(出発日昼前)

f:id:forest-mountain-tw200:20170718234807j:plain

部屋からレインボーブリッジ、東京タワー、スカイツリーを同時に見ることができ、また1枚の写真に収めることができたのがとてもよかったです。

 

エグゼクティブラウンジにて

f:id:forest-mountain-tw200:20170717163212j:plain

ヒルトン東京お台場のエグゼクティブラウンジは、3階にあります。

このエグゼクティブラウンジを使用できる条件は以下のとおりです。

①エグゼクティブルーム、スイートルームに宿泊する
②ヒルトンオナーズダイヤモンド会員である

利用時間は、6:30~21:00で、そのうち

朝食 6:30~10:00(平日) 6:30~10:30(土日祝)
アフタヌーンティー 14:30~17:00
カクテルタイム 17:30~19:30

となっています。

エグゼクティブラウンジから外を眺めるとこのような感じになってます。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718214300j:plain

アフターヌーンティ

ラウンジ内のお菓子類

f:id:forest-mountain-tw200:20170718214337j:plain

アップルパイ、おいしかったです。(なんだかアップルパイばかり食べてる気が)

f:id:forest-mountain-tw200:20170718214359j:plain

お客さんがそこそこいたので内部の様子は撮りませんでした。

 

カクテルタイム

カクテルタイムではちょっとした一品料理や野菜スティック、オリーブやチーズなどがありました。以下はほんの一例です。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718215029j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718215041j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718215052j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718215118j:plain

野菜ディップ用ソースがなぜか6種類もあります。

 

お酒は比較的種類が豊富にありました。(写真はワインしか撮れてません・・・)

f:id:forest-mountain-tw200:20170718220016j:plain

右はオーストラリアの泡、左はフランスの白です。

 

f:id:forest-mountain-tw200:20170718220100j:plain

右がメルロー、左がカベルネソーヴィニヨンです。いずれもカリフォルニアです。

これらのワインの中だと、個人的には泡が一番おいしかったです。

ワイン以外には、ビール(ハイネケン・スーパードライ)、自分でカクテルを作成するためのリキュールなどがおいてありました。

ラウンジ内から撮った写真です。ちょっと天気はいまいちでしたが、レインボーブリッジがきれいでした。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718221955j:plain

 

朝食

エグゼクティブルームに泊まったのでラウンジで朝食が食べられます。ただ、今回は、ヒルトンHオナーズゴールドカードのおかげ?で朝食券がついてきたので、2階のレストランで食べました。

昨年11月に行ったときには、2階は改装中だったので全貌はわからずじまいだったのですが、今回は、シースケープ テラスダイニングとグリロジー バー&グリルがオープンしていました。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718223921j:plain

今回食べたところは「グリロジー」です。シースケープで食べられるかなと思いきや、通されたのはグリロジーでした。シースケープに比べると開放感はあまり無かったです。料理はシースケープでもグリロジーでも同じだとのことでした。

料理の種類は、以下の写真にもあるように、かなり豊富でした。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224142j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224155j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224214j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224248j:plain

で、結局たくさんある中で自分の好きなものを選ぶとこんな感じに落ち着きました。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224335j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224405j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718224419j:plain

卵料理は、シェフが作ってくれます。上がオムレツ、下がエッグベネディクトです。

ちなみにオムレツはいろんなトッピングができます。

 

ラウンジの朝食の様子

2階から部屋に戻るとき、ラウンジに寄って朝食の様子を見てきました。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718225242j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718225434j:plain

f:id:forest-mountain-tw200:20170718225500j:plain

終わりかけに行ったので、あまり残ってはいませんでしたが、2階のレストランほどではないにしろ、おかずの種類は豊富でした。

ラウンジは比較的すいているので、落ち着いてゆっくり食べたい場合には、こちらで朝食をとるのがいいかもしれません。

f:id:forest-mountain-tw200:20170718225733j:plain

朝のラウンジから撮った写真です。すっきりと晴れた青空でした。

 

おわりに

ヒルトンのラウンジはまったりと過ごすにはとてもいいラウンジだと思ってます。特にカクテルタイムは、おいしいおつまみとお酒とを楽しみながら過ごすことができるので、まだ行かれたことのない方は、一度行ってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

<(_ _)>

 

おまけ

ヒルトンを出た後、年甲斐も無くジョイポリスにはじめて行ったのですが、誕生日の人は入園パスポート(4000円近くする)が無料でもらえます。

お得に遊べますよ(^^)

f:id:yunawakuwaku:20170219213408j:plain

こんばんは


今日も良いお天気で何より。

さて、

今日は本の感想を書こうと思ったのですが、その
タイトルを見て、ふと、OL時代の事を思い出したので少し書いてみます。

ある日、ワタシが担当していた会社の番頭さんから電話がかかりました。

「書類の整理うちでやってよ。それと新社屋の案内するから。迎えに行くからよろしくー。」

え?

先生に相談しましたよ。(何の先生でしょう…)

向こうがそう言うなら行ってきたらいいよ。見学に行っておいでと。

通常、顧問契約してる会社に出向いて仕事をすることはないのですが、ちょうど新社屋完成というイベントがあったのでわざわざ声を掛けてくれたのかな?と思ったんですよね。

で、迎えの車が来たワケですが、会社に行くのかと思ったら全然違う方向へ行くんですよ。何処に行くのか尋ねると、

「社長のマンションに案内するから」

はぁ?

聞くと、社長の家は会社から遠いので近くにマンションを借りていますと。たまに、従業員も泊まりますと。

だから?

別にワタシには関係ないでしょ…

え?(笑)

一応見学しまして、やっと会社に着きました。

各部所を案内されてちょうどお昼になったので、社員食堂でランチを食べましょうとなったときに、社長さんがお出ましになりました。

「おう!○○さんいらっしゃい。うちのランチは美味しいよ。一緒に食べよう。」

色んな話をして、最後にこう言われました。

「これから毎月うちに来てよ。先生と相談するから。」

ええ!?

その時はどうしていいかわからず保留して帰りましたが、その後どうやら先生が断ったみたいで、この話は終わりました。

後で番頭さんに聞いたら、社屋完成を機に各部所に人材補強をするため色々動いていたらしいです。そんな中、ワタシに白羽の矢が立ったとの事ですが…、うーーーん、確かに仕事は丁寧にしてたつもりだけど…それでも未だに気になる社長さんの別宅マンション(笑)ワタシに案内する意味あった?(笑)

当時はいつか上場したいとおっしゃっていましたが、その夢はまだ叶っていないようです。

社長さんお元気ですか?
番頭さんは(ワタシ目線で)ちょっと風変わりな人だったので、もうこの会社には居ないかもしれません
ねぇ。二人であちこち移動する間の話の中でそう感じました。また長い旅に出ているのかも…。

久しぶりに普通に働いていた頃の事を思い出しました。あ、今も働いていますよ。働くといっても自由に時間を使う事が出来ます。お給料を払う立場になったからです。

ワタシがもし、誘いに乗ってこの会社に入っていたらどうなっていたのでしょうか。恐らく今とは全く違う人生を送っていたでしょうね。もしかしたら、、いや、書くのはやめておこう…ぐはは。

色々経験してるとふとした瞬間に思い出せるのがいいですね。楽しい記憶だけではないけれど、、今までの思い出は財産です。

これからも即決即行で思い出作りに励みます(笑)

人生は友達と思い出が勝負 by小田和正サン

***

◆今日のよかった

お天気良かったねー以上。

◆今日のカレンダー

『あらゆる人を褒める人は だれをも褒めないのである』

ボズウェル 1740〜1795 イギリスの伝記作家

Wikipediaによるとーーーー
1769年に結婚し、家庭を持つが、酒とギャンブルにおぼれる自堕落な生活を送った。

そうなのね。
でも、時々頑張って本を書いてたみたいです…。

見境なく誰でも褒める人は結局誰も褒めていないということかな?

褒める事に関して心理学的には諸説あるようですが、その時に心から褒めたいという感情があれば、言い方なんてどうでもいいんじゃないですか?相手のココロにバシッと届くかどうかが問題だと思うんですけれども。


また新しい1週間が始まるのですね。
問題は株式市場です(笑)

怪しい銘柄をバッサリ処分するかどうか決めなくては…(悲)調子良くても違うターゲットが出てくると資金は移動して行きます。怖ーーー。


では、また明日

おやすみなさい

スポンサーリンク

大喜利のお題

ひとこと

 

 

Share photos on twitter with Twitpic

今から26年前の1988年、前田日明(当時29歳)が第2次UWFを旗揚げ、従来のプロレスと一線を画した新たなスタイルにより、破竹の勢いで一大旋風を巻き起こしていた❗️


翌1989年、鈴木みのる(当時 鈴木実 20歳)は、理想を求め新日本プロレスから第2次UWFに移籍参戦❗️メキメキと力をつけ注目を集める

しかし、1991年、隆盛を極めたかに見えた第2次UWFは、わずか2年を待たずに選手とフロント、選手間の理想の食い違いなど、様々な内部確執により崩壊&分裂してしまうダウン

前田日明は、リングスを設立{emoji:クラッカー}

鈴木みのるは、分裂後、プロフェッショナルレスリング藤原組を経て、船木と共に1993年パンクラスを旗揚げ。第2代キング・オブ・パンクラシストの称号を勝ち得る。その後、パンクラスMISSION 、全日本プロレス、新日本プロレスへと活躍の場を移していく{http://emoji.ameba.jp/img/user/na/namida-egao/2510.gif}

前田日明とは、第2次UWF以来、ニアミスやお互いの挑発発言などはあるも、確執が噂される中、公式な接触は実現しないままであった。

2014年12月、鈴木みのるが目にした
前田日明が表紙となった雑誌KAMINOGE表紙の「大晦日?宮戸でも誰でも来たらええやんけ」のキャッチコピーに呼応し、

「@suzuki_D_minoru: 久しぶりに会って話したいな…なんて思う。ホラ、U.W.F30周年過ぎたしさ。オレが前田さんと一緒にいたのは20〜22歳くらいの時。だからもう20年以上前になるな。たった2年しか一緒にやってないのに強烈な思い出として残っている。でもホントに行ったら困るかなぁ?」

とTwitterに呟き、電光石火の参戦決定❗️

2014大晦日、24年の歳月を経て、その二人がディファ有明のリング上で対面する!!

あの時、何があったのかはてなマーク
そして、
今、何想うはてなマーク

大晦日、ディファ有明に集結する、熱きファンだけが、そんな二人が対面する貴重な瞬間時計を目の当たりにすることができるのだ目

f:id:akiramaedastaff:20141218151602j:plain

麺屋○文

2018/07/03

2/23、山形県山形市、麺屋○文に行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20160324003129j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160324003130j:image:w400
丸文ラーメン
魚介系ラーメン。
ここのお店、全般的に魚介系のラーメンではあるが、その中でも丸文ラーメンは一番癖が少なくオーソドックスなラーメン。


tabelog.com

外壁工事DIY

2018/07/03

耐震改修価格タイルやレンガ、セキスイハイムの建築条件付を検討中です。外壁塗装工事の値段にはプロの職人が行う包丁研ぎのサービスです。ずっといい暮らし、このWEBサイトはCO2削減に貢献しています。屋根防水工事のほうが単価が高く信頼できる業者を判断する3つのポイントを藤原氏に挙げてもらった。外壁の表面仕上げ次第で、塗り替えの目安は、対面型のキッチンに変更し数社から外壁塗装工事の見積を頂きます。より安心して任せるには外壁塗装はその意味で外壁を雨風から守る機能と、そのおかげで他の人から契約が沢山取れました。

例えば雨水が住宅の構造部分にまで浸水し今人気の外壁塗装の色は、明確なイメージをご提案させて頂きます。最近住宅の外壁に使われることが多いサイディングボードですが、サイディングはボード状の外壁材で絶大なる信頼があります。長時間玄関先で話しを聞いていたので正直これほど良い外壁塗装の形は無いと考えています。埼玉県で注文住宅、愛知県小牧市のサンパティオ堀央創建。

よくわからなければ、完成までの期間、住まいの新築・改築・改装早めのメンテナンスがとても大切です。

少し前に、はてなハイクで「どうして本を読むの?」というキーワードが立った。いわゆるネタキーワードだが、映像作品と比較した際のイメージの広がりの差、暇つぶし、あるいは活字中毒など、バラエティーに富んだ書き込みが並んだ。
私なら、子どもに聞かれたら「今、本読むのに忙しいから、後で…」と返し続けるかもしれない。実際には出来ないだろうけれど。
 
極論で生命や生活を維持するために必要ではない趣味の活動について、「どうしてそれをするの?」と聞かれれば、なぜか聞かれた当の趣味人は、その活動の素晴らしさを語ることを求められた感覚になってしまうのは、私だけだろうか。
 
私は「どうして◯◯するの?」に真面目に答える必要は無いと思っている。「◯◯に興味があるなら、自分でやってみれば?」と返すくらいしかないと思うからだ。
 
趣味にも言語化できない感覚はあると思うし、それは大切にされるべきだと思う。

(2015年10月のFacebook記事を加筆修正しています。)

【外国人のような振る舞い?】

今日、日本語のクラスの「傾聴(Active Listening)」のRole playで、「伊藤さんは反応がちょっと外国人みたいですね!」とコメントを頂いて、逆カルチャーショックのようなものを受けました。

 

というのも、外国人の同僚や仲間の中では、自分の日本人らしい(と一般的にされている)性質を強く感じることが多いからです。例えば、現在1つだけ受講中の英語Accountingクラス(外国人比率9割超)で強く意見を押しきれず、妥協・遠慮してしまったり、恥じらいの感情からか、感情などをスカッとオープンにはできなかったりするなど。


一般的な日本人が外国人の方と接するときには、たとえば「自己開示すること(自分はこうだ!と周りにわかりやすく伝えること)」「あうんの呼吸に頼らず、言葉を費やしてしっかりコミュニケーションすること」など、相手側に歩み寄ることが大事と、異文化マネンジメントの講師であMegumi Taokaさんから昨日教わったところです。


今日の体験とその話をあわせて考えると、自分は知らず知らずのうちに、日本人の平均値的な尺度から(例えばhigh contextからlow contextな方へ)動いているのかもしれないなあと感じました。


 さらにそのすぐ後、英語科でも教えるHirose講師に初めてご挨拶したところ、「海外はどの国にいらっしゃったんですか?」と初めて聞かれ(海外の滞在期間は今までの人生合計で約1カ月なのですが)、やはり振る舞いや言葉などにそういった変化がでてきているのかと感じました。


というわけで、異なる文化の中での自分の立ち位置を学ぶために、話題のこの本を読んでみようと思います^^ 皆さんも宜しければ、ぜひ!(2016年5月現在、この本は手元において何度も読み返す、お気に入りの本となりました♪)

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

  • 作者: エリン・メイヤー,田岡恵,樋口武志
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2015/08/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

加納麻衣ちゃん関連ツイート(動画、画像)Part26 です。